2007年02月20日

ブルー・バートン

 


 一応、ジャズブログだというのに、最近、生活ネタが多かったですね〜。

 先日、女友達との飲み会でも、指摘されちゃいました。

 jazzy*jazzyってジャズのjazzyのつもりだったんですが、
宮崎弁の「○○じゃじ〜」のjazzyかと思ったとも言われ・・・

 それもいいな。

 ということで、今日は、今はまっているCDを紹介したいと思います。

 最近よくのぞいているサイトで紹介されているのを見つけて、
無性に聴いてみたくなり購入。http://jazz.matrix.jp/item/item2.html

 このジャケットなんかいいでしょ。
 中身もブルージー。ジャケットの色味の雰囲気。

 アン・バートンの歌い方は「投げ節」って表現されてます。
 ちょっとレイジーで、ナチュラルで力みのない、だけどソウルフル・・・(訳わかりませんね。難しいなあせあせ(飛び散る汗)

 深夜に、ジャズ・バーでこんな感じで歌えたら、かっこいいな。
 個人的には、1番の『I can't give you anything but love』と9番『Sunny』が好き。

 良かったら、聴いてみてくださいるんるん
posted by kume at 21:48| Comment(5) | TrackBack(0) | Favorite Song | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月24日

I'm through with love

かなり久しぶりの Favorite Songs です♪
この曲は、誰でも知ってるとまではいきませんが、インストなど結構よく
流れている曲です。
私は、Simone の歌を聴いて、大好きになりました。
だってかっこいいんだも〜ん。

 もともとは、1930年頃のビング・クロスビーの曲のようですが、映画「お熱いのがお好き」でも、モンローが 歌っています。

 邦題は『恋の終わり』
 ”〜私には貴方しかいないの、
  (あなたと一緒になれないのなら)私の恋はもう終わりよ〜”

 う〜ん。わかるわかる。
 ひとつの恋が終わるときって、もう絶対恋なんてしない、誰も好きに
ならないわ!男なんて懲り懲りって思いますよね、ほんとに。

 歌詞はなんだか哀しい内容だけど、メロディの雰囲気から察する私の
勝手な解釈では、失恋してくじけながらも、精一杯恋をしたすがすがしさというか、
「私には貴方だけだったから、もう恋はしない」なんて言いながら、
「なんちゃって・・・」(後ろで舌を出しつつ)みたいな 感じでしょうか・・・

 今度、ジャズ研の練習曲となりましたので、こんな感じで行ってみようっと! 

  マリリン.jpg


  I'm Through With Love


I'm through with love. I'll never fall again.
Said adieu to love, don't ever call again.
For I must have you or no one
And so I'm through with love.

I've locked my heart I'll keep my feelings there.
I have stocked my heart with icy, frigid air.
And I mean to care for no one
Because I'm through with love.

Why did you lead me to think you could care?
You didn't need me for you had your share
of slaves around you to hound you and swear
with deep emotion and devotion to you.

Goodbye to spring and all it meant to me
It can never bring the thing that used to be.
For I must have you or no one
And so I'm through with love.

posted by kume at 20:34| Comment(8) | TrackBack(0) | Favorite Song | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月04日

Desafinado

金曜日に行ったライブで、すっかり夏のボサノバモードに入ってしまった私とメンバー2名は、他のメンバーの同意を得ることなく、新曲に追加してしまいましたるんるん 

"Desafinado"はポルトガル語で、『音痴』とか『調子っぱずれ』というような意味らしい。

 オリジナルの歌詞はニュートン・メンドンサによるもので、英語詞にはジョン・ヘンドリックスとジェシー・キャヴァノーのコンビによるもの(創作)と、ジーン・リーズによる英訳ものの2種類の英語詞があるようだけど、今回は前者で。
 
 この歌のシチュエーションを想像するに、ちょっと倦怠期の恋人同士・・・恋に落ちた頃と違って、今の自分たちの恋(の歌)はなんか、チグハグ(調子っぱずれ)になってきてしまってる。
 でも、ボサノバに合わせて一緒にスイングすれば、そして、"There’ll be no Desafinado when your heart belongs to me completely”(あなたの心が完全にわたしのものになったら、Desafinado じゃなくなるの)

 なんか、とっても、解る気がする・・・
 
海.bmp


 Desafinado

Love is like a never ending melody,
Poets have compared it to a symphony,
A symphony conducted by the lighting of the moon,
But our song of love is slightly out of tune . . . .

Once your kisses raised me to a fever pitch,
Now the orchestration doesn't seem so rich,
Seems to me you've changed the tune we used to sing,
Like the bossa nova love should swing . . . .

We used to harmonize two souls in perfect time,
Now the song is different and the words don't even rhyme,
‘Cause you forgot the melody our hearts would always croon,
What good’s a heart that's slightly out of tune?

Tune your heart with mine the way it used to be,
Join with me in harmony and sing a song of love,
We're bound to get in tune again before too long,
There'll be no Desafinado
when your heart belongs to me completely
Then you won't be slightly out of tune,
you'll sing along with me!


banner_04.gif →1ポチお願いしますサッカー
posted by kume at 20:44| Comment(3) | TrackBack(0) | Favorite Song | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月13日

Moon River

 GWを過ぎてからというもの、曇ったり雨降ったり、すっきりしないなあ。
 奄美はもう梅雨に入ったらしい。なんということだ!
 1年で一番過ごしやすく、行楽日和なのにィもうやだ〜(悲しい顔)って予定はないけど。

 今回のFavorite Songは、”Moon River”
 
 映画『ティファニーで朝食を』の中でオードリー・ヘップバーンが歌い、アカデミー主題歌唱を得た曲で、多くの歌手が取り上げていて、日本でもとても馴染みのある曲です。

 好きなのは、ギターをバックにゆったり歌う綾戸智絵、柔らかな歌声に癒される小野リサ、ヴォッサが心地いいEydie Gorme のバージョンかな。

 昔から大好きな曲ですが、歌詞は謎だらけ・・・
 例えば、”My Huckleberry friend”て、なんやねん!
 直訳すると ”私のコケモモ友達”犬 ちょっとかわいいケドるんるん

 でもこの曲を聴くと、なんかなつかしいような、ちょっと切ないような、とにかくグッときちゃうんですよね。

 私のイメージでは、夢や恋に向かってがんばってたけど、少しくじけちゃったとき、故郷の河のゆったりとした流れ、昔のなつかしかったり温かかったりする思い出を思い出し、それらに励まされ、また歩き出す・・・みたいな感じでしょうか〜(勝手な解釈)

 ゆったりと流れに身をまかせて、歌いたいですね。

川辺の空.bmp



 Moon River

Moon River,
Wider than a mile:
I'm crossin' you in style
Some day.
Old dream maker,
You heart breaker,
Wherever you're goin',
I'm goin' your way:

Two drifters,
Off to see the world,
There's such a lot of world
To see.
We're after the same
Rainbow's end
Watin' round the bend,
My Huckleberry friend,
Moon River
and me.

banner_04.gif→1ポチどうぞ目 
posted by kume at 21:27| Comment(3) | TrackBack(1) | Favorite Song | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月02日

Tea For Two

 春なのにいつまでも寒いね〜とあいさつしていたのがうそのようあせあせ(飛び散る汗)
 いや〜すっかり初夏だ〜日ざしがまぶしい晴れ

 今回の Favorite Song は、ジャズ妍の課題曲になりました、”Tea For Two”。『二人でお茶を』という邦題で、日本でも親しまれている曲です。

 2人で一緒に暮らしたらどんなに楽しいかを歌っているプロポーズの歌で、デュエットでもよく歌われています。

 イメージを掴むために、いろんなバージョンを聴いているんだけど、男性が歌う場合と、女性が歌う場合は、歌詞が少し違っているのを発見。

 例えば、出だしの"Picture me upon your knee,〜♪” (あなたの膝に乗った私を想像してみて)のとことは、男性が歌う場合”Picture you upon my knee,〜♪"(僕の膝に君をのせて〜)という具合になるのだ。

 私の持っている楽譜は、男性バージョンの歌詞が載っていたので、危うくそのまま歌うところであった!(私の膝の上に乗った夫と、エプロンをつけてシュガーケーキを焼く夫を想像して、ちょっとウケルわーい(嬉しい顔)

Tea for two.jpg
 


Tea For Two

(Verse)

I'm discontented with homes
That are rented
So I have invented my own
Darling this place is a lover's oasis
Where life's weary chase is unknown
Far from the cry of the city
Where flowers pretty
Caress the streams
Cosy to hide in,
To live side by side in
Don't let it abide in my dreams

(Chorus)

Picture me upon your knee,
With tea for two and two for tea
Just me for you and you for me alone

Nobody near us to see us or hear us,
No friends or relations on weekend vacations,
We won't have it known, dear
That we own a telephone, dear

Day will break and I'm gonna awake
And start to bake a sugar cake
For you to take for all the boys to see

We will raise a family
A boy for you and a girl for me
Oh can't you see how happy we will be


banner_04.gif→想像しちゃった方、1ポチお願いします。
 


posted by kume at 12:11| Comment(2) | TrackBack(0) | Favorite Song | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月10日

Moonlight Serenade

 春の雨ですね雨
 どっさり降ってるけど、そんなに寒くない。

 夏と違って、この時期は雨が多いから、庭の水遣りの心配しなくても、すくすくと元気に草花が育ってくれて、らくちん・らくちんわーい(嬉しい顔)

 今日は、久しぶりのFavorite song。
 定番だけど、大好き揺れるハート 『Moonlight Serenade』

 私にとってはインストの印象が強かった曲ですが、今は Simone(オーストリア出身の新進ジャズジンガー)の歌唱をよく聞いてます。甘くって、優しくてなんだかとても癒されるのです。

 自分なりに内容を解釈しますと、ロミオとジュリエットのように、ロミオが彼女の家の前で、ジュリエットを誘い出す感じかな〜
 外に出て、一緒に月の光のセレナーデを歌おう・・・みたいなぴかぴか(新しい)

 特に”Let us stray till break of day in love's valley of dreams”
(夢の中の愛の谷を夜明けまで二人でさまよい歩こう)のところが、メロディと歌詞の韻というかなんというか、好きです。

フェニックスの夜明け.JPG



   Moonlight serenade

I stand at your gate and the song that I sing is of moonlight
I stand and I wait for the touch of your hand in the June night
The roses are sighing a moonlight serenade

The stars are glow and tonight how their light sets me dreaming
My love do you know
that your eyes are like stars brightly beaming?
I bring you and sing you a moonlight serenade

Let us stray till break of day in love's valley of dreams
Just you and I a summer sky
a heavenly breeze kissing the trees

So don't let me wait come to me tenderly in the June night
I stand at your gate and I sing you a song in the moonlight
A love song my darling a moonlight serenade

 banner_04.gif→写真はbreak of day でした三日月
 
posted by kume at 22:01| Comment(3) | TrackBack(0) | Favorite Song | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月19日

Someday my prince will come

 今日は、久しぶりのFavorite Song揺れるハート

 次回のライブで歌う予定の『Someday my prince will come』
 皆さんご存知の、白雪姫の挿入歌。

 白雪姫が、いつか現れる未来の王子様を夢見てるときの歌です。
 まだ、白馬の王子様が見つかっていない方のために、心を込めて歌いますよるんるん


バラ.jpg



Someday my prince will come

Someday my prince will come
Someday I'll find my love
And how thrilling that moment will be
When the prince of my dreams comes to me

He'll whisper "I love you"
And steal a kiss or two,
Though he's faraway I'll find my love someday
Someday when my dreams come true

banner_04.gif→私も夢見てます!という方1ポチお願いします。
posted by kume at 17:23| Comment(4) | TrackBack(0) | Favorite Song | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月05日

FLY ME TO THE MOON

 この曲はあまりにも定番なので、きっと1度は聴いたことがあると思います。
 原曲は3拍子だけど、4ビートで軽くするのが、ジャズっぽくて好きです揺れるハート

 愛する人へのラブソングだけど、月三日月とか木星とか出てくるところが、ファンタジックな感じで、私はこの曲を歌いながら、ふわふわ とした感覚がします。

 いろんなアーティストが演ってらっしゃると思うけど、お気に入りは、ジュリー・ロンドンの歌唱。色っぽいハスキーヴォイスでナチュラルに歌っていて素敵です。
ジュリー・ロンドン.bmp


  FLY ME TO THE MOON

 Fly me to the moon
And let me play among the stars
Let me see what spring is like on
Jupiter and Mars
In other words hold my hand
In other words darling kiss me

Fill my heart with song
And let me sing forever more
You are all I long for all I
Worship and adore
In other words please be true
In other words I love you

訳 参考 
 http://www2.netwave.or.jp/~aphro/kasiyaku/fly_me_to_the_moon.htm


 
posted by kume at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | Favorite Song | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月27日

CHEEK TO CHEEK

 先日のピンチヒッターライブのために、ほぼ1週間、暇があったらこの曲を聴いてたな〜
 でも、何回聞いてもぜんぜん飽きなかった。今でも、ふと口ずさんだりしている。
 もう、この曲は私の Favorite Songs の仲間入りだ。

 この曲は、もともと映画『トップハット』でフレッド・アステアが歌い、その後、広く親しまれている曲。ちなみに、私が聞いているのはエラ・フィッツジェラルド歌唱のものだ。エラの歌はのびやかで、軽やかでとってもチャーミングだ揺れるハート


 CHEEK TO CHEEK

Heaven,I'm in heaven
And my heart beat so that I can hardly speak
And my seem to find the happiness I seek
When we're out together dancing cheek to cheek

Heaven,I'm in heaven
And the cares that hung around me through the week
Seem to vanish like a gambler's lucky streak
When we're out together dancing cheek to cheek

Oh,I'd love to climb to a mountain
And to reach the highest peak
But it doesn't thrill me half as much
As dancing cheek to cheek

Oh,I'd love to go out fishing
In a river or a ceek
BUt it doesn't thrill me half as much
As dancing Cheek to Cheek

(Come on and)dance with me
I want my arm about you
The charm about you
Will carry me through

*Repeat


 訳参考 http://sakuam222.cocolog-nifty.com/sakot/2005/01/post_9.html


posted by kume at 21:42| Comment(6) | TrackBack(0) | Favorite Song | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月17日

You'd Be So Nice To Come Home To

 ヘレン・メリルの歌唱で日本でもすっかりおなじみのこの曲。
 第2次世界大戦中に、遠く離れた愛しい人を思って歌われ、ヒット。

 今は、戦争がそれほど遠いものではないけれど、より身近にこの曲を捉えるとするなら、んんん・・・遠距離恋愛(をしてるとして)相手を思って、歌ってみるとどうかしら揺れるハート

 この曲は、5年前に初めてジャズを歌い始めたころに、最初に挑戦した、私にとって思い出深い曲。(ヘレンのセクシーなハスキーヴォイスがうらやましくってね〜)

 でも、最近はまっているのは、シェリル・べンティーンのユッビー。軽〜く、洒落た感じに仕上がってて、シェリルの美しい声が、とっても心地いいのです。ぜひ、聞いてみて!



  You'd Be So Nice To Come Home To

You'd be so nice to come home to.
You'd be so nice by the fire
While the breeze on high
Sang a lullaby
You'd be all that I could desire
Under stars chilled by the winter
Under an August moon burning above
You'd be so nice
You'd be paradise
To come home to and love


訳:http://www2.netwave.or.jp/~aphro/kasiyaku/you_d_be_so.htm
posted by kume at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | Favorite Song | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。