2013年06月30日

大分東海岸の旅(Lamori club)

Lamoriの庭でふせ.jpg

 2日目の夜は、Lamori clubへ。
 到着すると、しばらくしてオーナーさんがピザをサービスしてくれて大感激。

 オニパンの食パン2斤もサービスだし、ほんとにありがたい♪
 
 コテージの間取りやつくりが、わんちゃんと生活するのに適していて、参考になります。
 もし、家を建てることがあったら(予定はありませんが・・・)、ぜひ、真似したい!

 由布岳の眺めも最高だし、徒歩圏内に立ち寄り湯のできる温泉もあるし、オーナーさんもとてもいい方だし、何より、犬たちがリラックスできる宿。最高でした。

 Lamoriからの由布岳.jpg


Lamoriで父と.jpg


Lamoriでマロンアップ.jpg


Lamoriでマロンとわたし.jpg
 
posted by kume at 02:38| Comment(0) | TrackBack(0) | Trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月16日

大分東海岸の旅(大神ファーム)

5.25大神ファームランから見た風景.jpg

 昨年の5月に行って以来、大神ファームの大ファンになってしまい、今年も楽しみにしてました。
 5月の下旬がバラのピークと思ってましたが、満開なんだけど、少し過ぎてる?って感じで、
私の好みとしては、昨年の方が良かったかな〜 でも、バラの花びらが散って絨毯のようだったり、写真に撮ると豪華に写ってたりと、満開ならではの良さもありました。

5.25大神ファーム3人2.jpg


5.25大神ファームベストショット.jpg


5.25大神ファーム赤バラアップ.jpg


5.25大神ファームピンクバラ.jpg


5.25大神ファームバラの壁.jpg

525大神ファーム赤バラ.jpg

 祖母をターシャ・テューダー風にパチリ

525大神ファームターシャ4.jpg

5.25大神ファームターシャ2.jpg


5.25大神ファームターシャ3.jpg


5.24大神ファームターシャ1.jpg


5.25大神ファーム3人.jpg

 マロンも、満喫中。

5.25大神ファームで何て花.jpg


5.25大神ファームマロンバラのトンネル.jpg


5.25大神ファームランの木陰にて.jpg


 テラスで、ちょっと休憩。ブルーベリーケーキのセットをいただきました。素朴な味です。
 レストランもとても素敵なんですよ。

5.25大神ファームテラスで.jpg


5.25大神ファームケーキセット.jpg


5.25大神ファーム入口.jpg

 ハーブ園にバラ園、ドッグ・ラン、わたしにとって最高の場所です。
 
5.25大神ファームハーブ色とりどり.jpg


5.25大神ファームハーブガーデン.jpg
 
posted by kume at 08:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月15日

大分東海岸の旅(1日目)

 5月下旬に、大神ファームのバラを見に、2泊3日で旅行しました。
 東九州自動車道での往復。以前よりは随分近くなったけど、1車線でトンネルが多く、サービスエリアが少ないのがちょっと難点かな。

 10時頃出発し、まず昼食に蒲江へ。うさぎ亭に行きましたが、なんと臨時休業。
 残念でしたが、予定変更し、道の駅かまえで、とてもおいしい海鮮丼をいただき、結果オーライ!http://kamae-bussan.com/res.html

 それから、1泊目の宿泊先、ヴィラ・フロレスタを目指します。
 途中、以前から行ってみたかった、ドッグカフェSORAへ。
 ランはそんなに広くないですが、雰囲気がとても良くて、人気があるのも頷けます。

 5.24SORA店内.jpg


5.24SORAラン祖母の足元で.jpg


5.24SORAラン家族.jpg


5.24SORAランでマロン.jpg


SORAのHPに載ったマロンの写真はこちら→http://blog.livedoor.jp/dogcafe_sora2/archives/1755979.html


 1泊目のヴィラ・フロレスタ。
 ほんとにのんびりしたところ。オーナーさんも親切であっさりした感じ。
 5.24ヴィラフロレスタ.jpg
posted by kume at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | Trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月19日

Lamori club に泊まろう!

由布岳.jpg
Lamori clubから見た朝の由布岳。美しい。

 犬好きさんのブログで発見した、大型犬大歓迎の貸別荘『Lamori club』に行ってきました。
 1棟貸切で、敷地が柵で囲まれているため、広いお庭がドッグラン状態。お家の中も完全フリーという我が家にとっては願ったり叶ったりの宿です。

 全景.jpg

 食事は付いていませんが、朝食用に食パン(近くにあるonipanというパン屋さんのパン。美味しかったです。)2斤も付いていました。食器類や調理道具棟も完ぺき揃ってます。次回はお鍋しようかな。

 とにかく、ロケーションがいい!
 鳥のさえずりが聞こえる自然の中で過ごす午前中は最高です。
 マロンも大満足!

やったぜー.jpg

庭満喫.jpg

ばあちゃんと前庭にて.jpg

看板犬と.jpg
看板犬くんたちと。チェックアウト前にちょっと遊んでくれました♪

 場所は湯布院から1時間程度のところなので、湯布院を散策したり、久住高原を観光したり、いろいろできそうです。今回は、金鱗湖や日本一の吊り橋、久住花公園などなどを廻ってきました。

 次の5月のバラの時期に、2泊3日くらいでまたこちらに泊まりたいな〜と考えています。

マロンと由布岳.jpg

金鱗湖.jpg

金鱗湖全景.jpg

吊り橋.jpg

代は満足じゃ.jpg
posted by kume at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | Trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月02日

阿蘇・久住へ〜5月のバラを楽しむ旅〜B

大神ファーム.jpg

 2日目、念願の大神ファームへ。
 途中、別府湾SAなど眺望の良いところに寄るはずが、ものすごい濃霧!!
 高速でもまわりが全く見えず、前の車のテールランプを頼りにやっと運転しました。

 こんなにすごいのは初めて。事故らずに本当に良かった・・・

 大神ファームは、昨年、4月下旬に行ったとき、バラの見ごろはまだまだで、今回リベンジです。
 遠い道のりでしたが、本当に行って良かった!バラ園は広くて、花も素晴らしく、見ごたえありました。

 レストランの食事も美味しいし、ドッグランもあるし、ハーブ園があって心地いいし、海が見えるし、
最高の場所です。早く、大分まで高速道路が通るといいのにと思います。





カモ.jpg

カモもいたりなんかします


大神ファーム2.jpg

 とても充実した、満足のいくバラの旅でした〜
 また来年も行きたいな。
posted by kume at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月30日

阿蘇・久住へ〜5月のバラを楽しむ旅〜A

久住小笠原1.jpg

 今回の宿は、久住小笠原。
 すべての部屋がペット同伴可の露天風呂付離れで、それぞれの離れにミニドッグランも付いています。

 マロンだけでなく、部屋の造りもバリアフリーで、お年寄りや障害者に配慮した設計になっています。
 我が家には最高!

 外には、広〜いドッグランがあり、マロンも大喜びで走りまくりです。

久住小笠原2.jpg

 夜ごはんは、宿周辺にある「和らび」という小料理屋さんのオードブルを注文し、外のテラスでいただきました。ほんとに楽しい夜となりました。



 久住小笠原ラスト.jpg

 ちょっと贅沢だけど、また行きたいと思わせてくれる宿です。
posted by kume at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | Trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月29日

阿蘇・久住へ〜5月のバラを楽しむ旅〜@

はな阿蘇美2012maytop.jpg

 5月の中旬に、バラの好きな親戚と両親やマロンと、阿蘇・大分へバラを見に行ってきました。
 天気が少しぐずつきましたが、ときどき小雨にあたりながらも、満開に近いバラを満喫することができました。

 マロンもとても楽しそう♪

あそ望2012.may2.jpg

 阿蘇に入ったら、いつものように「あそ望 くぎ野」で食事休憩。
 マロンはドッグッランへ。

あそ望2012.may1.jpg

 少し、他の犬とも遊べるようになってきたかな〜
 あちこちのドッグランに連れて行った甲斐があったかも。

 そして、阿蘇のバラを楽しむために、「はな阿蘇美」へ。
 初のスライドショーでお楽しみください。




 ドームの外で、マロンもゆっくりできました♪

 マロンはな阿蘇美にて.jpg
posted by kume at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | Trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月19日

阿蘇・久住のミニ・トリップ

マロンの樹にて4.jpg

 9月2日から1泊2日で阿蘇と大分の久住に行ってきました。
 1週間前までは、お天気マークだった天気予報が、前日から台風の影響で雨模様。

 なんとか通り過ぎて、天気が回復することを祈りながらの旅行でした。

 まずは、阿蘇の「マロンの樹」というドッグランで昼食。オーナーお手製の生パスタをいただきました。
 とても気さくでいい方で感じが良かったです。

 マロンの樹にて1.jpg

マロンの樹にて3.jpg

 ドッグランは名前のとおり、栗の樹で木陰ができています。この日は曇りだったこともあり、涼しかったですが、お天気でもきっと涼しく過ごせそうです。

 地面は、山砂で消毒して何度も蒔いているとおっしゃっていました。広々してマロンものびのびとても気持ち良さそうに、走り回っていて嬉しそう。中にテーブルと椅子もあり、とってもゆっくりできました。


 昼食後、ゆっくりくつろいだ後、宿泊予定の久住小笠原へ。
 全室離れで、露天風呂付き、プライベートドッグラン付きの以前から泊まってみたかった宿です。

 通常なら手が出ませんが、くまポンというクーポンサイトで半額で泊まれるクーポンを購入し、なんとか泊まることができました。

 宿に行く前に、久住にある居酒屋の「和らび」というところで、予約していた夜ごはんのオードブルをとりに行きました。揚げ物を少なく、野菜多めにとお願いしたところ、ぜんまいの煮物やゴーヤチャンプル、卵焼きなど、家族にもかなり好評でした。おいしかった〜 おにぎりも、大きくてボリュームたっぷり。

 久住小笠原は、想像していたよりはロケーションが今ひとつ。でも天気が悪かったからかもしれません。写真で見ると、広大な高原の中にあるような雰囲気でしたが、住宅街の高台の上にあるという感じでした。

 でも、離れの露天風呂は最高だし、マロンをドッグランで遊ばせながら、デッキに何時間居ても良さそう。まったり過ごすにはいいかも。

 久住小笠原7jpg.jpg

 朝食は、宿で。
 ガラス貼りで気持ちいのいいレストラン。おいしい朝食でした。最高!
 犬連れも可で、マロンも大人しく待っててくれました。ほっ

久住小笠原5.jpg

久住小笠原4.jpg

 帰りに、あそ望に寄って帰りました。
 雨にも降られましたが、雨の合間に結構マロンも遊ばせることができたので、まあまあの旅でした。

 でも、次は、天気の良い日に、リベンジ!するぞ。
 
posted by kume at 00:28| Comment(2) | TrackBack(0) | Trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月23日

阿蘇へ

マロン訓練中2.jpg

 週末、母とマロンと阿蘇へ旅行してきましたぴかぴか(新しい)
 天気が心配でしたが、薄曇りでそれほど暑くなく、とても気持ちよく過ごせました。
 おんな二人、たまにはいいな〜気兼ねなく、お花を見に行ったり、おしゃれなカフェに行ったり・・・
 また行きたいです。

 マロン訓練中.jpg
まずは、ドッグランのピースフル・ハートへ。サークル活動中の学生さんが、マロンの訓練してくれました。

 それから、ちょっと遅いランチに、そばの実カフェへ。併設されているグランツムートというパン家さんで明日の朝食をゲット。

 その日はそれからホテルへ。ドッグランが敷地内にあるドッグパレスリゾート阿蘇乙姫。スタッフのお姉さんがとてもいい人。早朝は森の風の音と鳥の声に癒され、本当に気持ち良く過ごせました。夕方、朝とホテルのまわりを散策したり、ドッグランで遊ばせたりと、マロンも大満足。

 次の日は、はな阿蘇美というバラ園に行きました。
 阿蘇はまだ涼しいからか、屋外のバラは三分咲きくらいでしたが、ドームのバラは満開でした。
 犬連れOKの場所でしたが、引っ張りの強いマロンはちょっと車の中でお留守番。母とふたりで、ゆっくり見てまわりました。バラの苗もたくさん売ってましたが、今回はちょっとがまん。

 帰りに、インター近くのドッグラン・ひなたぼっこに寄って、マロンを遊ばせ、初トリミングをしてもらい、帰路につきました。

 初めての、母とマロンの旅。運転などちょっと緊張したけど、できるじゃ〜ん!って感じでした。
 たびたび、家事を放って行こうかな〜わーい(嬉しい顔)と思います。
 
 楽しんでいたら、ついつい写真を撮るのを忘れておりまして、ホテルやドッグ・ランの写真はなしです。皆様に様子を伝えたかった〜あせあせ(飛び散る汗)

 はな阿蘇美だけは、いっぱい写真撮りましたので、バラ園の様子をお楽しみください〜かわいい

はな阿蘇美3.jpg

はな阿蘇美1.jpg

はな阿蘇美2.jpg

はな阿蘇美4.jpg

はな阿蘇美6.jpg

はな阿蘇美7.jpg

はな阿蘇美8.jpg

はな阿蘇美9.jpg

はな阿蘇美10.jpg

はな阿蘇美11.jpg

















 

 
posted by kume at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | Trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月27日

カナダOバン・ドゥーセン植物園〜旅のおわり 

植物園.jpg


 グランビル・アイランドでランチをとり、しばらくゆっくりした後、P番のバスに乗ってバン・ドゥーセン植物園へ。


 エントランスに入ると、まずはステキなSHOPがあり、バラの花などをモチーフにしたとてもきれいな品々にうっとり。


 それから、植物園の中にあるレストランに。ガラス張りもレトロなつくり本当にステキなレストラン。叔母は紅茶、私と従妹はなんとグラス・シャンパンをとり、最後のカナダでの1日に乾杯。


 少しいい気分になったところで、園内の1時間散策コースを歩く。


 しゃくなげ、桜、チューリップ、つつじ、スイセン、ムスカリなど、自然な植栽で、まるで本当の森の中にいるような気分。途中、スカンクにも出くわした。


 カナダ、最高です。
 ぜひ、また行きたいと思います。
 今度は、長期滞在したい。夢は大きく。

植物園1.jpg
きれいな紫のしゃくなげ


植物園2.jpg


植物園3.jpg
とりどりのチューリップの群生


植物園4.jpg


植物園6.jpg


植物園5.jpg


植物園8.jpg

木の大きさに感動です










posted by kume at 23:33| Comment(2) | TrackBack(0) | Trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月21日

カナダNグランビル・アイランド

グランビル・看板.jpg


 カナダ旅行も最終日。今日1日バンクーバーを散策したら、明日の朝、出発だ。

 朝は、昨晩食べたドーナツですませ、ダウンタウンへ。
 バスの10枚つづりのチケットを買い、初めてバスで移動。

 まず、グランビル・アイランドに行くことにする。

 グランビル・アイランドは、ハーバーに囲まれた観光地でとても賑やか。マーケットに入ると、色とりどりのフルーツや野菜、デリ、パンなど見てるだけでとても楽しくなる。

グランビル・りんご.jpg


 また、キッチン洋品店や地元のデザイナーの工芸品、来年開かれるバンクーバー・オリンピックグッズのお店、スポーツ用品店など、お土産を買うのにぴったり。

グランビル・バナナケース.jpg
これはキッチン洋品店の入り口に飾ってあったバナナ・ケース おもろ〜


 ランチはwebで調べていた『Curry To You』という屋台で、2種類のカレーとライスを注文。それと、おいしそうなベーグルも買って、外のテラスでゆっくりいただく。ちょっと曇ってたけど、とてもすがすがしく、最高のランチタイムになった。

グランビル橋.jpg
posted by kume at 21:19| Comment(2) | TrackBack(0) | Trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月11日

カナダMエアポーター〜カルガリー空港、そして再びバンクーバー

エアポーターから.jpg
車窓からのフェアモント・バンフ・スプリングス 素敵だわ〜


 昨日ハイキングの帰りに、カルガリー空港までのバスを予約しにバンフSTNに行ったところ、担当のお兄さんにグレイハウンド・バスよりエアポーターを使うことを勧められた。
 エアポーターは、宿泊しているホテルまで迎えにきてくれるとのこと。それは便利!早速インターネット・カフェで予約。

 
 バンフ出発の朝、9:30発だと思い、のんびり準備していたら、10分前に部屋がノックされて、出てみるとエアポーターのおじさんが迎えにきている。
「9:20分までにホテルの前に立っているように書いてあったでしょ。」
「?!☆! 確かに! すぐ行きます。」
 それから、3人でバタバタバター〜と準備し、オーナーのLeeにもろくに礼を言う暇もなく、ホテルを後にした。


 エアポーターのおじさんは、とてもユーモアがあってチャーミングなおじさんだった。途中、若夫婦が連れている赤ちゃんに声をかけたり、慌てていたため素足だった私が靴下を履くのをからかったり。


 カルガリー空港までの風景は、とにかく平野。時々、放牧されている馬や牛の群れが見える。カルガリーに入ると、とても住みやすそうなきれいな住宅街が広がった。


 カルガリー空港に到着。カルガリー空港はとてもこきれいで清潔感のある明るい空港だ。少し時間があったので、おみやげもの屋をみたりして過ごし、1時間20分のフライトで、再びバンクーバーへ。


 バンクーバーで2泊するホテルは、リステル・ホテル。一応三ツ星半のホテルだけど、サービスや内装ともに普通という感じ。あまりにもバタバタしていたので、少し部屋で休憩する。


 夕方になったが、とりあえず街へ出る。
 薄暗くなってきてしまい、日曜日の夕方でなんだか人気も少なく、店もほとんど閉まっていてさみしくなる。
 今晩は、従妹おすすめの韓国料理店で夕食をとることに。人気のあるお店だけあって、大変繁盛していて、大賑わい。
 鍋、チヂミ、ビビンバを頼んで3人でシェア。最高においしかった!

 
 ホテルに帰り、Tim Hurtonのドーナツをパクつきながら、女3人のおしゃべりは続いた。
 ああ、もうすぐカナダの旅を終わりか〜ちょっとさみしくなってきた。

 バンクーバー街角.jpg
posted by kume at 21:54| Comment(1) | TrackBack(0) | Trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月27日

カナダLバンフでハイキング

ハイキング.jpg


 バンフ2日目。今日は、ゆっくりできる日だったので、好きなだけ寝た後、朝食は楽しみにしていたコンチネンタル・ビュッフェ。
 バンケット・インのメニューは、パンは3種類くらいだけど、シリアルがも〜たくさんの種類あり。くだもの各種、ジュース3種類、ヨーグルト。めったに食べないが、せっかくこんなにシリアル充実してるんだからと、グラノーラにバナナチップを入れて、ミルクひたひたで。デニッシュパンも添えちゃいました。


 部屋に戻り、洗濯をしながら、ハイキングに行く弁当づくりをする。
 昨日炊いたごはんにサケをフレークしたものをまぜ、のりを巻いておにぎりのできあがり。それからパンをスライスして、マスタードを塗り、サラダの野菜と、パストラミ、ターキーを挟んでカットし、サランラップで包む。おいしそう〜。早く食べた〜い。


 そして VERMILION LAKE という湖へ。街を通って、住宅街を抜け、車しか通らないようなところをひたすらてくてく歩く。女3人、ぺちゃくちゃしゃべりながらのハイキングなので、歩くのも楽しい。


 湖は、季節がら湖岸は枯れた葦で覆われていて、湖水も少なくガイドブックの写真とはちょっと違ってた。けれども、自然の中で食べるお弁当はとにかく格別!おいしかった。自然の中で、雪山を眺めながら、最高のひととき。お弁当を食べながら、従妹の滞在していたウィスラーでの生活の様子をいろいろ聞き、結構大変だったんだな〜とまたまた感心する。


 帰りに、バンフの街を散策。
 自然派石鹸のお店で、お土産に入浴剤や石鹸を購入。

りんごあめ.jpg
写真はりんごあめ屋さん 日本では祭りのときしか買えませんね〜


 夜ごはんは、またまた自炊。
 アルバータ牛が食べたい!おいう私のリクエストで、アルバータ牛AAAと表示されたステーキ肉が3枚入ったものを約1,000円で購入。
 自炊とはいっても、ステーキ、サラダ、パン、ヨーグルトとりっぱなディナーを満喫し、バンフ2日目の夜も楽しく過ぎていったのでした。
posted by kume at 21:34| Comment(3) | TrackBack(0) | Trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月17日

カナダKバンフで合流

りえ合流.jpg

 バンフで2泊するバンケット・インというB&Bに入ってから、バンフで合流予定の従妹に電話をするけれども繋がらず、ま、とりあえず出かけようかとバンフの町へ。


 ボウ川のほとり沿いを歩き、橋をわたっって町に入ったところで、ばったり従妹に遭遇!
 やった〜exclamation助かった〜exclamation なんだかとてもほっとする。


 従妹は想像以上に英語が上達しており、B&Bの中の外国人のスタッフや宿泊者にもすぐに溶け込んで、びっくり。すごいな〜。えらいぞ!


 しばらくゆっくりした後、3人で再び町へ。


 雪の積もった山々がジャスパーより間近見える。途中にエルクがいたり、野生動物がこんなに近くにいるなんて、びっくりだ。

バンフ ムース.jpg


 金曜日だからかもしれないけど、町は人通りが多く、とても賑わっていた。


 今日の夜は、B&Bの共同キッチンで自炊することにし、スーパーに買い物に行く。


 フルーツやデリ、パン、たくさんのお菓子や調味料などバラエティ豊富で見てるだけで楽しい。1年近くこっちに住んでいる従妹にオススメを聞きながらセレクト。


 今日の夜ごはんは、お茶漬け、サラダ、サーモンのソテー、たくさんのフルーツを入れたヨーグルト。明日はお弁当を持ってハイキングに行く予定なので、サンドイッチ用のパン、ターキーのハム、パストラミ、チーズ、おにぎり用ののりを購入。


 B&Bに戻って、叔母にお風呂に入ってもらい、私と従妹で晩御飯の準備をする。従妹のカナダでの生活ぶりを聞きながら楽しく料理をしていると、あっとい間にささやかだがディナーのできあがり。


 バンケット・インのダイニングのインテリアはとてもシックで、いくつかあるテーブルにはどれも花が飾られており、とても素敵だった。手作りディナーだけど、優雅な気分で食事できた。


 英語の話せない私たちふたりの苦労話を従妹に聞かせつつ、楽しいバンフでの一夜は過ぎていくのでした。
posted by kume at 23:54| Comment(2) | TrackBack(0) | Trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月11日

カナダJジャスパーからバンフへ〜氷河ハイウェイの旅〜

氷河ハイウェイ3.jpg

 旅行を計画していたとき、一番悩んだのが、ジャスパーからバンフまでど
うするかだった。レンタカーで行くには、ちょっと自信がないし。


 それで、カナディアン・ココ・ツアーズという現地の旅行会社のツアーに、『ジャスパー・コロンビア大氷原・バンフ観光』というぴったりのものがあったので、乗っかることにした。


 ホテルのロビーに迎えに来てくれたガイドさんは、奥田さんという若い日本人の女性で、なんだがほっとする。おまけに、りっぱな大きな車に乗客は私たちだけらしい。ラッキー。


 奥田さんは、とてもはきはきした方で、観光地の説明もプロのアナウンサーみたい。驚いたのが、運転手兼務ということ。大きな車を運転しながら、ウィットに富んだ会話と、詳しい説明に、すごいな〜とただただ感心してしまった。


 道中、今まで、英語が通じず、聞くことができなかった素朴な疑問も聞くことができた。


Q1 写真でみるムース(JASPERで見かけた鹿のような動物)には、
  りっぱな角が生えているが、こっちに来て見るムースには角が
  生えてないのはどうして?

A1 ムースは毎年、角が生えかわります。2月くらいに1度角が
  ぽろりと落ちて、5月中旬くらいから生えはじめ8月くらいに
  はきれいに生えます。ただし、角が生えるのは雄のみです。



Q2 カナダの車は昼間でもライトが点いてるね。

A2 数年前からエンジンをかけたらライトが点くようになってい
  ます。慣れたらぜったいこっちの方が良いです。


 ツアーの内容は、

@アサバスカ滝

Aコトンビア大氷原
 雪上車で氷河の上に立つ。こんな景観見たことないよ〜
氷河ハイウェイ2.jpg

氷河ハイウェイ5.jpg

Bビッグヒル(車窓から)

C昼食
 かなりマズいです。奥田さんも、ここしかないので仕方ないという感じでした。もしツアーでなければ、お弁当持って行くことをお勧めします。

Dボウレイク
 湖は、一面凍っていたが、あんまり調子に乗って歩いていると、ズッボっとはまってやばいことになる。わたしも、危ういことになりそうだった。(そのときに、ここに携帯を落とし、後から探すはめに。真っ白の雪の中に、私のグリーンの携帯が突き刺さっていました。緑にしてよかった。)

Eスノーバード氷河

Fレイクルイーズ
 素晴らしい眺めの湖の横には、憧れのホテル、シャトー・レイクルーズが建っている。ここで、カフェでもできると最高だったけど、宿泊客以外は立ち入り禁止とのこと。残念。

Gキャッスル山(車窓から)


 この行程で一番心配していたのが、トイレ。
 でも見学したほとんどの場所に、きれいなトイレがあって、まったく問題なしだった。


 それからうとうと1時間ほど揺られて、バンフに到着。
 私たちの宿泊するペンションまで送ってくださった奥田さんは、さらにチェック・インの際のペンション経営者のLeeさんの説明を私たちに通訳してくれ、本当に最後までお世話になりっぱなしだった。


 ありがとう!奥田さん。ここにも、海外でがんばっている日本人発見です。


氷河ハイウェイ1.jpg
posted by kume at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | Trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月03日

カナダIRoom Service

ルーム・サービス.jpg

 Jasper最後の夜。


 明日は早朝に出発しなければならないので、お風呂に入ってゆっくりルーム・サービスで軽い夕食をとることにした。


 めったにルーム・サービスすることはないけれど、ホテルの部屋で飲みながらゆっくり夜を過ごすのは大好き揺れるハート


 そのまま、ごろんとできるのが良いです。眠たくなったら、いつ寝てもいいし。


 1時間後に、でっかいお兄さんが大きなカゴを抱えて到着。


 ささっと手慣れた様子でテーブルに真っ白のクロスを敷き、手際よく花やグラスを並べ、見事にセッティングしてくれた。


 注文したのは、スモークサーモンの前菜とシーザーサラダ。白ワイン(シャルドネ)。パンもたくさん添えられていて、ラッキー。


 叔母といろんな話をしながら、ゆっくり夕食を楽しんだ。


 それからぐっすり寝るはずが、明日の緊張からか2:00頃からまったく眠れなくなり、結局、出発の時間になってしまった。寝不足。


 でも、そのおかげで、早朝の 素晴らしい山の眺めを満喫し、ジャスパーを後にした。


ジャスパー山2.jpg

posted by kume at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | Trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月27日

カナダHJASPER町歩き

bears in jasper.jpg


 トラム・ウェイの帰りにJASPERの町を散策。


 明日の朝食を調達するために、『BEAR ベーカリー』というパン屋に入る。おいしそうなデニッシュ・パンや、マフィンがたくさんあって、目移りしちゃう。


 悩んだ末に、スパーシー・ソーセージパン、サンドイッチ、デニッシュ、マフィン、ラムボールを購入。早く食べたいよう♪朝までがまんできるかな。

 
 しばらく街をうろうろしていると、街のいろんなところでくまの置物を発見。くまの置物を見つけたら、同じポーズをとって写真を撮るルールにする。これがなかなかおもしろい。(いいおばさんがと笑わないでね〜)


 ジャスパーはこじんまりとした町で、1時間もあればまわれる。
 かわいいお土産物屋からスーパーまで楽しいひとときだった。
posted by kume at 11:04| Comment(2) | TrackBack(0) | Trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月20日

カナダGJASPER TRAMWAY

ジャスパートラムウェイ2.jpg
中央の赤いのがトラム


 ジャスパー2日目。
 昨日のうちに、朝10:00発JASPER TRAMWAY行きのバスのチケットを買っていた私たちは、早めに行っとこうと30分以上前にロビーへ。


 するとコンシェルジュが

 「10:00発はもう出ましたよ。」

 「???」

 「だって今10:15だから。」といって時計を見せられる。

 「??????????」


 思い返せば、チェック・インして部屋の時計を見たとき、私の時計より1時間早かった。


 あほな私は、その時、バンクーバーとジャスパーに1時間時差があるとは思わず、「ここの時計、サマータイムにしてないんだわ〜」などとあり得ない解釈をして、自分の時計でことを進めていたのだ。


 あははは♪そしたら午後の便にするしかないか〜と諦めていたら、フロントの方々が機転をきかしてくれて、トラムウェイ乗り場まではタクシーで行けることになった。


 トラム・ウェイは、2個のトラムが8〜15分おきくらいに交互に出ており、ほとんど待たずに乗車。みるみるうちにジャスパーの町並が小さくなり、まわりの山々が見えはじめた。曇ってはいるが雲は薄く、山もすべてはっきり見ることができた。

 
 線路におもちゃのようにかわいい電車が何両も連なってゆっくり走る姿が見え、なんだか微笑ましい。


 あがるにつれて、雪がちらつきはじめる。
 上のステーションに到着。


 外にでるととても寒いけど、眺めはとにかく最高!
 積雪は2m以上。やわらかい雪の感触や真っ白の雪景色を楽しんだ。
 
ジャスパートラムウェイ6.jpg
ジャスパー・パーク・ロッジ方面の眺め
ジャスパートラムウェイ3.jpg  ジャスパートラムウェイ5.jpg




posted by kume at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | Trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月13日

カナダFOka Sushi

クリスマス.jpg

写真はホテル内にある、『クリスマス・イン・ロッキーズ』。
1年中、様々なクリスマスのオーナメントや置物、小物が置いてある,夢のような世界。時間よ、止まれ〜ぴかぴか(新しい)



 ジャスパー1泊目の夜。
 なんとなく、ほっとするものが食べたくなった私たちは、ホテル内にある”Oka Sushi”へ。中に入ると、欧米人で大賑わい。


 「日本人なのに、カナダに来てまで寿司食べてんじゃね〜よ。」と思われそうでちょっと入りづらかったが、気さくそうな奥様(カナダ人と思われる。)に、「どうぞ〜♪」と流暢な日本語で案内され、着席。

 
 岡ちゃん(もちろん親しいわけではないが、同じ日本人ということで親しみをこめて岡ちゃんと呼ばせていただく)は、カウンターの外国人の方々の相手に忙しく、全く私たちに気もとめない。なんとなくさみしい。


 けれども、チャーミングな奥さまの「日本語で大丈夫よ〜♪」という優しい笑顔になごむ。


 とりあえず、ビール、カルフォルニア・ロール、ジャスパー・ロール、サーモン・ほたて・まぐろを注文。岡ちゃん、なかなか忙しいらしく、時間はゆっくりと流れ、ビールだけがすすむ。


 と、まずジャスパー・ロール登場。シャリが少ししまりすぎだけど、スパイシーなたれが美味。それから思ったよりマヨネーズ控え目でヘルシーはカルフォルニア・ロール。んん、さっぱりしておいしい。


 それからサーモン。日本のサーモンのように脂っこくない。色も鮮やかできれいなピンク。ほたても甘〜い。まぐろは、叔母が言うには”カジキ・マグロ”口の中に入れたらとろけた。


 卵、いくらと注文したところで、奥さんが「うなぎ、すごーくおいしいですよ。オススメ。」と言われるので、注文。どろくさくなくて、なかなかおいしかった。たれがもう少しこってりしてた方が私好みだけど。


 あ〜どんだけ食べるんだよというくらい腹いっぱいとなり、さあ帰ろうかとお勘定しようとしたら、岡ちゃんが


「ありがとうございました。ジャスパー寒いでしょ?今年はまた特に寒いです。まだ雪残っているのにスキー終わっちゃってね。今(オフ・シーズンだから)少し閑散としてるけど、シーズンはすごい人。でも、夏より、雪が山に残っている今頃が景色は一番いいよ。」と教えてくれた。


 岡ちゃん、いい人じゃないか〜わーい(嬉しい顔)


 それから、話しているうちに、カウンターに座っている欧米人の方々はホテルのスタッフだということがわかり、週に3回ほどは岡ちゃんところで鮨を食べているらしい。私たち日本人より食べてるねと、みんなで笑った。


 そして、Oka Sushi を後にする。
 なんだか、カナダでがんばっている寿司職人。カナダの人々とすごくうち溶け合っていて、楽しそうに仕事している。


 岡ちゃん、おいしかったし、楽しかったよ。ありがとう。



posted by kume at 23:13| Comment(2) | TrackBack(0) | Trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月11日

カナダEJASPER PARK LODGE

ジャスパー山.jpg
写真はJASPER PARK LODGE の敷地内の湖からの眺め

 ジャスパー駅に到着後、いざ宿泊予定のJASPER PARK LODGEへ。

 予約時にピック・アップ・サービスを頼んでいたが、VIA鉄道の遅れで到着が3時間遅れ。ホテルに電話しなければと、15分くらい話すことを考えてなんとか電話。他にもお客がいるから、数分したらに迎えにくることがわかり、ほっとする。

 それから外国人の若いカップルと4人で迎えのマイクロバスに乗り、ホテルへ。どんどん街から離れて、建物がなくなってくる。途中、ムースの群れに遭遇。すごーい。ほんとに自然に囲まれたホテルなんだわとわくわくする。

 ロビーに着くと、とても広々として重厚感のある雰囲気でいい感じ。

ホテルロビー.jpg


 部屋は山小屋風で、程よく広く、内装もかわいくて、大満足。ここに2泊できるなんて、幸せ〜ハートたち(複数ハート) ゆっくり、のんびりホテル・ライフを満喫しようと決意する。

部屋.jpg


 しばらく部屋でくつろいだ後、ホテルの敷地内を散歩することにした。公園のように広く、眺めも最高!

 散歩中、りすを見つけては、
「りすだ〜〜〜!」と子供のようにはしゃぐ私たちなのでした。
posted by kume at 21:06| Comment(2) | TrackBack(0) | Trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする